オーナーブログ
2021年8日26日
経営者レベルは4段階ある!?【独立における重要ポイント】
こんにちは!
オーナーの大西です。

今回のテーマは『経営の行き着く先!究極の経営とは?』です。

一言に経営と言いましても、色々なスタイルがあり、レベルと言いますか段階が有ると考えます。

私なりの考えだと段階は概ね4段階あり‥


第1段階‥自分のことは自分で責任を持つレベル。
サラリーを頂きながら組織に勤めると言う働き方から外れ、全ての責任を自分が被る代わりに出た利益も全て自分の取り分と言った、いわゆる個人事業。


第2段階‥自分のことは自分で責任を持ち、更に雇用を生み出し人の責任も自分が持つレベル。
第1段階に加え、従業員の給与などの責任も負うが、自分の目の届く範疇で全て完結させると言う個人事業プラスアルファの段階。


第3段階‥自分の事は自分で責任を持ち、雇用
もし、加えて多店舗経営をするなど現場に経営者本人がいなくともまわる仕組みがあり、ビジネス自体のオーナーとなるレベル。


第4段階‥第3段階であるビジネス自体のオーナーである事に加え、そのビジネスを会社化し拡大しながら次の世代へと引き継がんとするレベル。


上記のように経営段階を列挙すると良く分かりますが、一言に経営者と言ってもどこまでの段階を目指しているか?により究極の経営は違ってきますが、私は最上級に位置する究極の経営とは、“人の教育”であると考えます。

自分自身が信じる方向性に対してベクトルのあった方に協力して貰い、物事を進めることで推進力、継続力、弱点補完力、強みの強化等あらゆる事が良いスパイラルに巻き込まれます。
そんな方を育て上げ事業を拡大し、お客様や、スタッフ、会社に還元する事こそが究極の経営であると思うのです!

ですが、私自身ここで1つ注意している事があります。

それは、いわゆる“カルト宗教的”にならない事。
私自身、この業界で長く勤める中で盲目的なスタッフが多くいるお店や会社をちょこちょこ見てきました。
では、次回のブログでは何故“カルト宗教的”ではダメなのか??という部分を私なりに意見させていただければと思います。


最後までお目を通して頂きありがとうございましたm(._.)m

株式会社ラージェスト    代表    大西則和